カテゴリー別アーカイブ: Web

Googleカレンダーを埋め込む

元々あった機能なのか知りませんが、Googleカレンダーを簡単にウェブページに埋め込むことができるようになってるんですね。
カレンダーの管理>公開したいカレンダーを選択>カレンダーの情報と設定をたどると、ページに埋め込むためのタグが表示されます。共有の設定で公開状態にしておくと該当カレンダーの情報は全て公開されます。
そのタグをページのソースに追加すれば出来上がり。表示するパーツや色などいくつかの項目はカスタマイズが可能です。
CGIを組み込んだりしなくても手軽にイベントスケジュールなんかを公開できますね。
以下は公開テスト用のカレンダー(※予定はダミー)です。

IE7とIE6を共存させる方法

IE7私のPCではまだ自動更新の通知が無いようですが、IE7の自動更新による配布が2/13から始まっているようです。

日本ではまだIE6の方がシェアが高いようですが、自動更新が始まっているアメリカと同様に近々IE7とIE6のシェアが逆転するのでしょう。
2年くらいの単位ではふたつの環境でテストを行わなければいけないという頭の痛い話です。
ユーザーの閲覧環境の移行中は手元に両環境を置いておきたいところですが、通常はIE7をインストールすればIE6は使えなくなります。
しかし、スタンドアロン版のIE6など旧バージョンのIEが配布されていますので、それをインストールすれば両環境を共存させることも可能なようです。
詳細はコリスさんの以下ページで。

IE7とIE6を共存させる方法:まとめ | コリス

続きを読む IE7とIE6を共存させる方法

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)

佐藤 尚之
アスキー ( 2008-01-10 )
ISBN: 9784756150943
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

de-signのバインダーで詳細を見る

Powered by mediamarker

昨年はWeb2.0とかはやし立てられて何かと話題を振りまくウェブ業界ですが、最近セミナーや人に会う機会があると単体メディアではなくさまざまなメディアをトータルでプランニングする必要を感じる。

続きを読む 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法

IEの「アクティブ化して使用するにはクリック」のポップアップが廃止に

MS、IEの「アクティブ化して使用するにはクリック」のポップアップ表示を廃止へ:ニュース – CNET Japan
Microsoftは米国時間11月12日、「Internet Explorer」を使用してコントロールが組み込まれた一部のインタラクティブなウェブサイトを閲覧する場合に、今後は「アクティブ化のためにクリックする」動作が不要になると発表した。

FlashなどActivXコンテンツが含まれるウェブページをIEで開く際、うっとうしいアラートが表示されていましたが、この対応によってユーザーは特に気にしなくても良くなるようです。
12月から対応プログラムのダウンロードがMSのサイトから可能になり、2008年4月にはWindws Updataで提供されるようです。
日本語版はもしかしたら少しリリース時期はずれるのかな?

リクルートの「とらばーゆ」休刊に

リクルート社は女性向けの転職情報誌「とらばーゆ」を9月19日発売号で休刊し、9月26日からインターネットサイトに全面移管するそうです。新サイトは、同社の求人情報サイト「リクナビ」と同様、Yahoo!JAPANのドメイン内に設置する。
現在の発行部数は関東版・関西版・東海版の合計で10万7,000部。90年代のピーク時に比べて1/3に発行部数が減っている。読者の多くがウェブサイトを併用しているということで前面移行を決定したようです。

続きを読む リクルートの「とらばーゆ」休刊に

Google Mapの埋め込みが簡単に

Google マップを自分のサイトに貼り付けよう
http://googlejapan.blogspot.com/2007/08/google_18.html


ws000003.JPG
Google Mapのサイトへの埋め込みがAPIとか気にしなくても行えるようになりました。
場所を検索してページ右上にある「このページのリンク」をクリックすると、HTMLファイファイルにコピペして埋め込む用のHTMLソースを生成してくれます。
デフォルトではワイド425pxの地図ですが、「埋め込み地図のカスタマイズとプレビュー」というオプション設定ページに行くと自由に地図の大きさや写真の表示など変更することができます。