カテゴリー別アーカイブ: Diary

祝儀袋

来週、披露宴にお呼ばれしているので祝儀袋を買いに行きました。
今のところそんなに頻繁に包んで行く機会も無いのですが、毎回祝儀袋の選択肢の無さには困ります。
包んで行く金額によって祝儀袋の豪華さも変わってくるらしいのですが、やけに水引が豪華だったり、紙が下品だったりどうも人に渡したくなるようなデザインのモノが無い。
昔からの伝統なのでこんなものだよと言われればそうなのですが、探せば素敵なデザインのモノはあります。
半年ほど前には唐長さんにオリジナルの祝儀袋があったので使わせていただいたのですが、今回尋ねてみるともう作ってないとの事。
唐長さんは木版で作る襖紙、京唐紙のお店ですが最近はステーショナリー的な紙製品も販売されています。
京都以外の方には新鮮で喜ばれると思うのですが残念。
今回は仕方なくデパートに行って選択肢は少ないですが、極力シンプルなモノを選びました。でも、デパートだと名前を書いてくださるので、この点は非常に便利です。
使う頻度が少ない祝儀袋ですが、こいうモノこそ普段からどこに素敵なのがあるかアンテナを張っておかないといけないですね。

ボシュロム ピュアビジョン

普段メガネをかけているのが煩わしいので、1日使い捨てのコンタクトレンズを使用している。
買い置きがそろそろ無くなってきたので、どこで買おうかとサーチしていると「1週間連続装用」という表記が目に入る。

1週間連続装用ソフトコンタクトレンズ「ピュアビジョン」|ボシュロム・ジャパン

1日使い捨てタイプは洗浄の手間が無いのがメリットだが、毎日つけはずししなければならないのは当たり前です。
毎日装用時間は結構長めだし、これが1週間はずさなくて良いということであればすごく便利じゃないですか。
無料体験があるらしいのでとりあえず近くのお店に行って試用品を処方してもらいました。というか体験しないと継続処方してもらえないらしい。
無料体験のためにはボシュロムのサイトでクーポンを表示して印刷しなければならない。今時携帯用のクーポンを用意しないとは本気で販促する気あるんだろうか?
折角リスティング広告で集客しても出口が無くちゃね。
今回はとりあえず試用ですが、実際に購入すると1日使い捨てより若干高い¥2980/1箱。
まだ装用して数時間ですが1Dayと特に装用感が変わるところはありません。前に使っていたボシュロム製の1Dayよりはつけ心地は良い感じです。
1週間連続装用というのは目に負担がかかりそうな気もしますが、1週間つけっぱなしで試してみます。

Thank You

先日2月25日で39歳になりました。
40歳まであと一年、いつの間にかそんなに歳をとってしまったという思いと、傍から見て39歳という大人に見えているんだろうかという実感のなさに複雑な思いです。
若い友人は「いくつになっても子供だよ。これからも一緒にバカしましょうよ。」とメッセージをくれる。はいはい、また朝まで飲みましょう。
一日違いで39歳になった友人は「Thank Youの年だと思ってウキウキするよ。いっぱいありがとうって言える年にしたいね。」と。そのセンスは素晴らしい。
「Thank You」の年って前向きでいいですね。一瞬立ち止まってみたものの、「Thank You」がたくさん作れるように前を向いて進むことにしましょう。
もうひとつ、誕生日に見たメッセージ。

「決心する前に完全な見通しをつけようとするものは決心することができない」(H.F.アミエル)

神様じゃないんだから先のことを見通すなんてできません。石橋を叩くよりとりあえずやってみるということかな。
このメッセージも心に留めておきましょう。

vin chaud

寒いですね、今日は。こんな寒い夜にはvin chaud(ヴァン・ショー)が飲みたい。
vin chaudはいわゆるホットワイン。
vin chaudを飲む機会はそうない(いや、ほとんどない)のだが、東京は西麻布「73」で飲むvin chaudが好きだ。
スタッフ曰く「自家製」のワインに柑橘系のピールやスパイス、シナモンの香り、甘みを付け温めて供される。
ほんのり甘く暖かく複雑な味わい。少し歩いて冷えた身体を温めてくれる。
心地よくて自然と笑顔になるようなvin chaudです。
73」で飲むvin chaudはもちろんおいしいのだけど、店の雰囲気がさらに心地よくさせるのかもしれない。
飲みに行きたいなと思いつつ、38歳最後のエントリー。

D-BROS Creator’s Diary

今日は京都国立近代美術館に「玉村方久斗展」を見に行ってきました。私の実家所蔵の作品も一点展示されているとの事ですが、祖母の趣味でしょうか。
Creator’s Diaryそれはさておき、近代美術館のショップで見つけたのがこのD-BROSの「Creator’s Diary」。
超整理手帳のように蛇腹式の製本ですが、見開きが2週間で上半分がバーチカルタイプのダイアリー、下半分には複数のプロジェクト管理が出来る線表が書けるようになっています。手帳の詳細はこちらのショップで⇒

続きを読む D-BROS Creator’s Diary

さようなら、レティシア。

大阪は北浜に大好きなBarがあります。Latitia(レティシア)。しかし、事情があって2/1で閉店されるのです。
閉店のご案内をいただき、驚きつつも飲み納めに行ってきました。大阪で飲んでしまうと京都に帰れなくなってしまうので、たまにしか行けなかったのですが、心地よいカウンターが仕事帰りの疲れを癒してくれるBarです。

続きを読む さようなら、レティシア。

レバレッジ人脈術

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年このBlogのスタートは「レバレッジ・リーディング」のBookレビューからでしたが、偶然にも今年もレバレッジシリーズのBookレビューからスタートです。
本田直之氏のレバレッジシリーズは好評だったようで、出版社は違えど昨年だけで数冊出版されています。
今回記事に書こうとしている「レバレッジ人脈術」は昨年の最後に出版されたレバレッジシリーズですが、本田氏のファンだとかいうわけではなく、自分のニーズとマッチしていたのでとりあえず買ってしまったのです。
[amazon]4478002754[/amazon]

続きを読む レバレッジ人脈術

トランスフォーマー

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション
シャイア・ラブーフ. タイリース・ギブソン.ジョシュ・デュアメル.アンソニー・アンダーソン.ミーガン・フォックス.レイチェル・テイラー.ジョン・タトゥーロ.ジョン・ヴォイト マイケル・ベイパラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-12-19
売り上げランキング : 1
おすすめ平均 Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TSUTAYAで借りてきて観ました。
アクションとかSF系の映画は好きなのですが、ストーリーのチープさと設定の無理やりさに突っ込みどころ満載。
映像自体は確かに格好いいのですが、大人が見るものではないですね。

手帳は高橋

高橋手帳の外装書店にも専用コーナーが出来たりして、来年の手帳をそろそろ準備する時期ですね。
毎年違うスケジューラー(手帳も含めて)を使っている浮気性な私ですが、来年は引き続きWindows Mobileのスケジューラーで管理しようと思っていたのです。昨日まで。
Windows Mobileで管理することを決めるまでは、とりあえずデジタルな方法でいくつかの選択肢を考えていたわけですが(そのあたりは後日エントリーしましょう)、今日ふらふらと買い物に出かけたら紙の手帳を衝動的に買ってしまいました。

続きを読む 手帳は高橋