明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)

佐藤 尚之
アスキー ( 2008-01-10 )
ISBN: 9784756150943
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

de-signのバインダーで詳細を見る

Powered by mediamarker

昨年はWeb2.0とかはやし立てられて何かと話題を振りまくウェブ業界ですが、最近セミナーや人に会う機会があると単体メディアではなくさまざまなメディアをトータルでプランニングする必要を感じる。


この「明日の広告」はまさにそれを示唆する内容で、ユーザーが欲しい情報を、そのユーザーのタッチポイントに合わせて提供するためのコミュニケーション・デザインの重要性を説いている。
広告としてはユーザーが必要とする情報を最適なカタチで最短で提供するだけではダメで、心動かすコンテンツが必要だということに私自身反省しながら読んだ次第です。
TVCMは終わったと言われだして久しいですが、終わったわけではなく、ユーザーの消費行動のともに各メディアの役割が変化せざるを得ない。
その前に消費行動が変化していることに関係者は気づいているのだろうか?
ユーザーとのコミュニケーションの核となりつつあるウェブというメディアを使う仕事をしていることに責任の重さを感じ、その他のメディアも含めたコミュニケーション・デザインに携わりたいという想いが強くなった一冊でした。

「明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法」への1件のフィードバック

  1. 読後評:明日(あした)の広告 現役感バリバリのコミュニケー…

    タイトルのひらがな、(あした)は私がつけたのですが、なぜつけたかというと、内容がリアルな体験談に基づいた現役感バリバリな内容で、実に「今日」「あした」感覚に満ちているの (more…)

コメントは停止中です。