D-BROS Creator’s Diary

今日は京都国立近代美術館に「玉村方久斗展」を見に行ってきました。私の実家所蔵の作品も一点展示されているとの事ですが、祖母の趣味でしょうか。
Creator’s Diaryそれはさておき、近代美術館のショップで見つけたのがこのD-BROSの「Creator’s Diary」。
超整理手帳のように蛇腹式の製本ですが、見開きが2週間で上半分がバーチカルタイプのダイアリー、下半分には複数のプロジェクト管理が出来る線表が書けるようになっています。手帳の詳細はこちらのショップで⇒


もともとデザイナーやプロデューサーが使っていたものを商品化したらしいのですが、デザインもおしゃれだし使い勝手も良さそう。
しかし、2800円とダイアリーにしては少々お高い。しかも今年の手帳は買ったばっかだし・・・と踏みとどまり後ろ髪を引かれつつも購入しませんでした。
家に帰って「Creator’s Diary」をサーチしてみるが、どこも売り切れ。
と、さっぱりあきらめかけたところで京都は恵文社さんのオンラインショップで売っているのを発見
販売終了とも書いてないし、しかも半額の1400円!で販売している!
これはこのダイアリーとご縁があるのだと勝手な理由をこじつけて茶色のタイプをポチッとショッピングカートへ。
届くのが楽しみです。