会社の品格

会社の品格 (幻冬舎新書 お 3-1)

会社の品格 (幻冬舎新書 お 3-1)

小笹 芳央
幻冬舎 ( 2007-09 )
ISBN: 9784344980532
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

メディアマーカーで詳細を見る

Powered by mediamarker

最近○○の品格という本が大流行ですね。
この本もタイトルについては幻冬舎の思惑が見えてしまいますが、著者がリンクアンドモチベーションの小笹さんということで購入してみました。
会社は人間が欲望を満たすために作り出した装置であると前置きをし、そもそも自己矛盾をはらんだ存在であるとしています。
最近流行の偽装問題もそもそも会社が内包する危うさが生み出すものなのかもしれないが、欲望を生み出す、すなわち利益を生み出す装置としてそもそも存在する会社は、あらゆるステークホルダーに対してベネフィットと共感を提供する必要がある。
しかしながら、あらゆるステークホルダーに共感を提供するなんてそう簡単なことではない。

続きを読む 会社の品格

WordPressでMoblog、「モブログくん」

WordPressにはメールでエントリーする機能もあるようですがどうもうまく動きません。
WPをバージョンアップする前にはモブログ用に「SOMY Mobile Gate」というプラグインを使っていましたが、エントリーには携帯で専用ウェブページにアクセスするなど少し面倒。
モブログくん」を使うと設定も楽々、エントリーも簡単です。
モブログくん」のページでBlogの設定が簡単に行えますが、設定が終わればすぐにもエントリーが出来ます。
テストしてみたところ</p>が出力されないためレイアウトが一部崩れたりすることもありますので、モブログをエントリーした後にはPCでソースを少し修正する必要があります。
生成するソースもカスタマイズできればベストなんですが、初心者向けにとわかりにくくならないように端折ってあるんでしょうね。

モブログするならモブログくん

D-BROS Creator’s Diary

今日は京都国立近代美術館に「玉村方久斗展」を見に行ってきました。私の実家所蔵の作品も一点展示されているとの事ですが、祖母の趣味でしょうか。
Creator’s Diaryそれはさておき、近代美術館のショップで見つけたのがこのD-BROSの「Creator’s Diary」。
超整理手帳のように蛇腹式の製本ですが、見開きが2週間で上半分がバーチカルタイプのダイアリー、下半分には複数のプロジェクト管理が出来る線表が書けるようになっています。手帳の詳細はこちらのショップで⇒

続きを読む D-BROS Creator’s Diary

さようなら、レティシア。

大阪は北浜に大好きなBarがあります。Latitia(レティシア)。しかし、事情があって2/1で閉店されるのです。
閉店のご案内をいただき、驚きつつも飲み納めに行ってきました。大阪で飲んでしまうと京都に帰れなくなってしまうので、たまにしか行けなかったのですが、心地よいカウンターが仕事帰りの疲れを癒してくれるBarです。

続きを読む さようなら、レティシア。

日本の10大新宗教

日本の10大新宗教 (幻冬舎新書 し 5-1) 日本の10大新宗教 (幻冬舎新書 し 5-1)
島田 裕巳
幻冬舎 2007-11
売り上げランキング : 13
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

信仰には興味が無いが、宗教のその存在には興味がある。
といってもたまたまこの本の広告を新聞で見たからだ。
私自身、キリスト教系の学校で都合10年教育を受けている。その教育が人生に影響が無いかというと否定はできないけど、残念ながら信仰には興味が無い。
その事について特に強調することではないが、私立の教育機関の3分の1が宗教法人が経営母体であり、その内の6割がキリスト教系らしいのだから仕方が無い。
さて、この「日本の10大新宗教」という本は幕末から現代にかけて存在・拡大した日本の新宗教を紹介したものだ。
キリスト教や仏教、神道など歴史が長いトラディショナルな宗教ではなく、この本で取り上げられているのはカルト教団以外の1800年代以降の宗教である。

続きを読む 日本の10大新宗教

レバレッジ人脈術

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年このBlogのスタートは「レバレッジ・リーディング」のBookレビューからでしたが、偶然にも今年もレバレッジシリーズのBookレビューからスタートです。
本田直之氏のレバレッジシリーズは好評だったようで、出版社は違えど昨年だけで数冊出版されています。
今回記事に書こうとしている「レバレッジ人脈術」は昨年の最後に出版されたレバレッジシリーズですが、本田氏のファンだとかいうわけではなく、自分のニーズとマッチしていたのでとりあえず買ってしまったのです。
[amazon]4478002754[/amazon]

続きを読む レバレッジ人脈術