Netscape開発とサポートを終了

netscapeAOLがNetscapeブラウザ開発事業撤廃を発表しました。
サポートは2008年2月1日で終了するようです。
Netscapeの日本語版はバージョン7.1で配布が滞っていますが、本家版の最新バージョンは9。


しかし、Firefoxと同じレンダリングエンジンを使用していて、Netscape風の外観をまとっただけのものとなっています。
インターフェイスデザインは結構好きなんですけどね。
ウェブ制作に関わる者としてはサポートするブラウザが減ることはうれしい限りですが、一方、ウェブブラウザの歴史のスタートに貢献したブラウザが消えていくのは残念でもあります。
Netscapeはほとんどユーザーがいないに等しいくらいのシェアだったのでまだいいのですが、それよりMacのIEユーザーの方を何とかして欲しいな。配布もサポートも終了しているというのにまだ使っている人がいるんですよね。
クライアントの閲覧環境がそれで、その環境がマイノリティだと認識していない場合は最悪です。

TechCrunch Japanese アーカイブ » 悲しい歴史の終幕~AOL、Netscapeブラウザ開発事業から撤退へ

「Netscape開発とサポートを終了」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。