シャーボX

ボールペンは油性よりゲルインクが好き。できれば味のある色が良い。
シャープペンシルは芯が太いもの、今は0.9mmを使っている。
しかもデザインが良いこと。
単品だともちろんこれを満たす製品は色々あるのですが、複合ペンだとこれらを満たしてくれる製品は無く、妥協を強いられることになる。
今までこの条件に当てはまるものは存在しなかったので望みもしなかったのだが、複合ペンの先駆け「ZEBRA」からシャーボの新シリーズ「SHARBO X(シャーボX)」が発売されました。


シャーボXSHARBO X(シャーボX)」は自分でボディデザインとペン先の組み合わせを選べる複合ペンですが、ボディが9種類、シャープメカが3種類、ボールペン替芯が17種類の中から選べます。
価格は組み合わせによって違うが3460円から。
私はアルミ軸のアッシュブラウン、0.7mmのシャープメカ、ゲルインクのボルドーとブルーブラックの組み合わせで購入しました。この組み合わせだと5620円です。
適度な重さがあって、振っても中の機構がカチャカチャ音がしない。ボディを回してペンを切り替えるのですが、しっとりとした回転で切り替わった際のレスポンスがなかなか良い感じです。
もちろんボールペンの滑らかさも良く、モレスキンの手帳との組み合わせで快適です。