Zoomifyer EZの使い方

Zoomifyer EZの使い方、設置手順について質問がありましたのでこの新しいエントリーでご説明します。
無料で簡単に巨大な画像をハンドリングできるのでとても便利なツールです。


1)Zoomifyer EZのサイトからアプリケーションをダウンロードして解凍。

2)用意した画像ファイルを 「Zoomifyer EZ v3.0.exe」にドラッグ&ドロップ。

3)進行中のダイアログが表示されて、ファイル名と同じ名前のフォルダーが生成されその中に必要なファイルが生成される。仮に「a_folder」とします。

4)フォルダーをひとつ作って(アップロードする際のディレクトリ名と同じにしておくとわかりやすい。ここでは「b_folder」とする)、その中に生成されたフォルダ「a_folder」を移動。

5)フォルダ「b_folder」にZoomifyer EZに附属していた「Template.htm」と「zoomifyViewer.swf」をコピーし、「Template.htm」を「index.html」などと任意の名前にリネーム。

6)先ほどのHTMLファイルをエディターで開いて次の2ケ所のパスの値を変更する
「VALUE=”zoomifyImagePath=http://www.zoomify.com/content/test/”」
「FlashVars=”zoomifyImagePath=http://www.zoomify.com/content/test/”」
今回の例だと「http://www.zoomify.com/content/test/」を「./a_folder/」に変更すると動作します。

7)後は、ローカルで「index.html」を開くか、サーバーにアップロードして「index.html」にアクセスすると表示できます。表示できない場合は編集したパスの値を見直してみましょう。
閲覧に必要なファイル及びフォルダはこの例では「a_folder」、「index.html」、「zoomifyViewer.swf」の3つとなります。

8)表示される大きさを変えたい場合は、先ほど編集したHTMLファイルの2ケ所に幅と高さの指定があるので、これを変更すればOKです。

うまくいかないとか不明な点があればお気軽にご質問ください。

「Zoomifyer EZの使い方」への1件のフィードバック

  1. ZoomifyExpress4-Winの使い方が解りません。
    すみませんが、ご指導おねがいできませんか?

コメントは停止中です。