Zoomifyer EZ

今月号のweb creatorsに掲載されていたZoomify ::: Zoomifyer EZ
ウェブで巨大な画像をスムーズに表示させるツールがさまざまあるのは知っていましたが、フリーのツールは知りませんでした。
たいていのツールはオーサリングに高価なソフトウェアやサーバーウェアが必要で、独自のビューワープラグインが必要など、導入にも閲覧にも敷居が高いものが多いです。
その点、このZoomifyer EZはオーサリングツールもフリー(有料のエクステンションなどはあるようです)、閲覧もFlashを使うなどかなり導入しやすそうです。
試用は後日。そんな巨大なピクセルの画像があるかな。

続きを読む Zoomifyer EZ

セルフSEO

SEM リサーチさんにmultithread、『セルフSEO』を公開 – SEO診断ツール :: [SEM-R]という記事がありました。
URLを入力すればSEOの診断をしてくれるサイトです。
http://www.multithread.jp/blogless/seo.php
ちなみにこのサイトの診断結果は

■METAタグ(robots)がありません
ロボットの巡回を拒否しない場合でも、METAタグ(robots)を付けた方が好ましいと言えるでしょう。
■METAタグ(keywords)がありません
適切な数のMETAタグ(keywords)は好ましいと言えるでしょう。
■METAタグ(Content-Language)がありません
文字化けを防ぐためにも、METAタグ(Content-Language)は好ましいと言えるでしょう。
■JavaScriptがソースに埋め込まれています
JavaScriptのソースは外部参照した方が好ましいと言えるでしょう。

sb–ウェブログツール

sb開発研究所
モダシンさんの「BlogPeopleリストのツリー化」の記事をたどるとtakkyunさんが開発された「sb」というblogツールを見つけました。

htmlファイルの静的生成が可能です。
登録された記事に対して閲覧者がコメントを寄せることが出来ます。
登録された記事に対してトラックバックを受け付けることが出来ます。
マルチユーザーによるウェブログ管理が可能です。
アマゾンウェブサービスに対応しています。
利用するテンプレートファイルはJUGEM互換です。
JUGEMならびにMovable Typeからのデータインポートが可能です。

というのが特徴のようですが、設置にあたってDBは必要なく、設置手順もシンプルなようですので設置サーバーをあまり選ばないかもしれません。
時間があるときに設置していじってみよっと。

ウェブコンテンツJIS

2004年6月20日に、JIS X 8341-3:2004「高齢者・障害者等配慮設計指針 - 情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス - 第3部:ウェブコンテンツ」が制定されたようです。

高齢者,障害のある人及び一時的な障害のある人が,ウェブコンテンツを利用するときの情報アクセシビリティを確保し,向上させるために,ウェブコンテンツの企画,設計,開発,制作,保守及び運用をするときに配慮すべき事項について規定。

規格詳細情報はJSA Webで購入できます。

A.A.O. – ウェブコンテンツJISのページで概要がわかりやすく説明されています。
また、同じサイトのA.A.O. – ウェブコンテンツJISとWCAG1.0対応表ページでチェックポイントが説明されています。

続きを読む ウェブコンテンツJIS

フラッシュで作るスライドショー

Untitled
簡単に更新できるフォトアルバムツールを探していたところ、「Untitled」っていうFlashのツールがありました。
フォトアルバムの作成は本体ファイルと同じディレクトリに連番の画像を置いて、XMLのパラメータをちょこっといじるだけ。楽チンです。
Untitled… like a Polaroid」っていう各写真にコメントを付けられるバージョンもあり。
簡単に設置できて、写真切り替えの雰囲気も良いのでGOOD!

QRコード活用のススメ

QRコード・ゲートウェイサービス
最近ぼちぼち話題を見かける?QRコード。
QRのススメという携帯で読み取る用の何種類かのQRコードを自動生成してくれるサイトがあります。
その中でサイトのURLとタイトルを自動取得してQRコードとして表示してくれるサービスがあったのでとりあえず右側のサイドバーに表示してみました。
このサイトのQRを携帯で読み取って携帯でブラウズするなんて方はまずいないでしょうが、ものは試しです。
しかし、

続きを読む QRコード活用のススメ